体験レポート

2017.12.19

初めてのキャンピングカー★ アスリートで行く秋の長野 1泊2日編

12月に入ったばかりの週末にNATIVE CARAVAN(ネイティブキャラバン)で
キャンピングカーを借りて長野県まで行ってきました!

「キャンピングカーってどうやって借りるの?」
「車内はどんな感じ?」
「運転は難しい?」

そんな疑問をお持ちのキャンピングカー初心者の方に、
ぜひ読んでいただきたい記事です。

◎筆者プロフィール
家族構成:父(ドライブ好き)・母(筆者)・子供(8歳男子)
アウトドア歴:ここ2年ほど春と秋にキャンプへ行っているがキャンピングカーは初めて

キャンピングカーの貸出場所へ

NATIVE CARAVAN(ネイティブキャラバン)の駐車場は茅ヶ崎市若松町にあります。
お子さんのいる地元の方には「ハヤシ水泳教室があるあたり」と言えば伝わるところです。
辻堂駅方面から向かう場合はジョナサンを過ぎたらすぐ右折します。

「あ!あれだ!」
今回借りるアスリートは車体に可愛いペイント!子供も大喜び

駐車場がジョナサンの向かいにあるというのは地味にポイントが高いと思いました。
早く着いてしまっても寒いところで待たなくて済む(笑)。
我が家は近いので自転車で向かいましたが、車でももちろん大丈夫です。

キャンピングカー引き渡し

スタッフの方から鍵の引き渡しと車についての説明があります。
室内のシートの動かし方、ヒーターの入れ方、ガソリンを入れる場所など一般的な車とは違う部分が結構あります。

キャンピングカーレンタルスタッフスタッフの三木さん
「今日は満月ですから素敵な夜になりそうですね。」と教えてくれました

初めてなのでこちらも聞きたいことがたくさんあり、説明にトータルで30分くらいかかりました。
到着時間が決まっている方はここ要注意ですね。
余裕を持って予約時間を設定した方が良さそうです。

写真付きのマニュアルがあるので安心

いよいよ出発!

さあいよいよ出発です。
初めてのキャンピングカーなので運転手の夫もやや緊張。助手席の私たちもやや緊張。
「曲がるときは大きめに」
「車高にも注意して」
「駐車はバックで」
近所の大きめの駐車場へ行って停めたりと少し肩慣らししてから出発しました。
高速道路はむしろ安心。いきなり狭い路地やくねくねした山道は大変かもしれません。
夫は高速を降りるころには運転に慣れたと言っていました。

紅葉が綺麗です

フルフラットにしてゴロゴロ

後ろは結構揺れるので、酔いやすい人は助手席をおすすめします。
我が家の場合は酔いやすい私は終始助手席でした。
運転席と助手席の間にもう1人座れるのでお子さんなら3人並ぶことができます。
前に3人並ぶとロードムービーの主人公になった気分で楽しい!

長野に到着!

めっちゃ寒いです

目的地は長野県にある国営アルプス安曇野公園です。
今回お手伝いしたイルミネーションを見にきました。
QRコードを読み込むと画面が立ち上がって、タップするとイルミネーションが変化する仕組み。
地元の人がたくさん来ていて感激しました。
それにしても2つの会場が20kmも離れているとは…長野広し。

        今年は宝石がテーマでした

今夜はSAに宿泊予定なので温泉に立ち寄り。
どこにいてもすぐわかる

体も温まったのでSAに移動して就寝準備です。
家からは寝袋と毛布を持参しました。
マットはNATIVE CARAVANから貸してもらえます。
私と子供は運転席の上にあるロフトベッドへ。
夫はフルフラットシートで寝ました。

勉強ゲームもできる

SAでの宿泊は快適でした。
トイレが近いですし、車の走行音も全然気になりませんでした。
想像はしていましたがテントに比べると居住性の高さは比べ物になりませんね。
初めてテント泊をした際に嵐で大変な目にあったことを思い出しました涙。

街へ行ってみる

翌日は松本市へ行ってみました。
絵葉書かよというくらい快晴

街中でのキャンピングカーでの走行で注意しなくてはならないのは駐車場です。
松本城近くの駐車場はキャンピングカーNGで、観光バスなど大型車用の駐車場へ移動を命じられました。
特に入り口に屋根のついた駐車場は注意です。
屋根に当たらないように距離を取って入っても駐車券が発行されません。
潔くあきらめて広い駐車場へ行きましょう。

バックモニターがありがたい

道の駅でお食事タイム

長野といえばりんご。道の駅でアップルパイと山賊焼きを購入して車内で食べました。
すごく快適でキャンピングらしい楽しみ方だと思いました。

立体地図は諏訪SAで購入しました

3人しかいないのが寂しいくらい広く感じます。

        においがこもったら換気扇を回します

今回は寒かったのであまり出番はありませんでしたが、冷蔵庫もあるので
道の駅でたくさんお買い物をしても安心ですね。

そして返却へ

レンタカーといえば満タン返し。
焦るのは事故の元なので、返却時間も余裕を持った方が良さそうです。
ガソリンを入れるときは鍵を開ける必要があるので降ります
セルフよりスタッフさんにやってもらう方が簡単です

返却場所にいるスタッフさんに鍵を返却し、
車体に傷などないか、忘れ物はないかのチェックを受けてレンタルは終了です。

無事に返せてホッとした反面、「もっと乗っていたかったな〜」と思いました。
1泊2日じゃもったいない気がしちゃいます。

自転車も乗る!

以上駆け足でしたが初めてのキャンピングカーレポートでした!

この車両はペットも同伴可なので(料金は+20%)、犬連れでのお出かけもできるそうです。

NATIVE CARAVAN

NATIVE CARAVAN

キャンピングカーの使い方やお得な情報、お客様の体験レポートなどを配信していきます。