体験レポート

2018.06.02

初心者キャンパーにおすすめ!茅ヶ崎のレンタルキャンピングカーでキャンプ体験

キャンプしてみたいけどテント張りとか面倒。寝心地も悪そうだし。。
でもインスタ映えするキャンプがしてみたい!

そんな初心者キャンパーにキャンピングカーでのキャンプはおすすめなんです。
今回は初めてキャンピングカーを借りて1泊2日のキャンプに行ったレポートをお届けします!
キャンピングカーのおすすめポイントや注意点についてご紹介しますね。

目次

  1. 今回の旅の概要
  2. 費用ってどのくらいかかるの?
  3. キャンピングカーの設備と準備するもの
  4. さあ出発!借りるときの注意点
  5. 初めての運転!これを気を付ければ安心
  6. キャンピングカーここが良かった!
  7. お疲れさまでした。返す時の注意点
  8. まとめ

今回のキャンピングカーの旅は?

旅のメンバー
  • 浅井ファミリー(パパ、ママ、小4姉、4歳弟)
  • 斎藤ファミリー(パパ、ママ、小4姉、5歳弟)
  • +ペットのミニチュアダックス
行き先 伊豆モビリティーパークキャンプ場
車両 アスリート
レンタル時間 44時間
レンタル料金 60,000円
レンタル日 4月第1週目土日(ハイシーズン)
キャンプ2シーズン目の初心者キャンパー2家族

費用ってどのくらいかかるの?

車両と料金についてはこちら

ログハウスより安いかも!?

今回私たちは、朝の9時から次の日の16時までの44時間レンタルし、料金は60,000円でした。
最近多くなってきたグランピング施設はもちろん、設備の整ったキャンプ場のログハウスなどと比較しても高くない料金です。
テント泊に不安があるけど、気軽にキャンプしたい方はキャンピングカーのほうがログハウスより特別感があっていいと感じました。

キャンピングカーの設備と必要なもの

各車両の詳細なスペックについてはこちらで確認してください。

FFヒーターで寒い夜も快適

テントがいらないだけで、ずいぶん準備が楽だなと思いました。
夜は寒い時期でしたが、FFヒーターがついているので、薄手のシュラフ、または上に掛ける毛布などで寝具は充分でした。

夏なら今回借りた車両ではなくアミティーという車両であればリアクーラーがついていると聞いて、真夏のキャンプもよく眠れるだろうな~。と夏の計画に想いを馳せます。

コンロはないので、調理器具は必要です

コンロなど煮炊きする設備はないので、焚火台かツーバーナーなどは必須です。
アミティーには電子レンジがついているらしいので、道の駅やサービスエリアなどでご当地グルメを買って温めて食べるとかであれば調理器具なくても大丈夫ですね。

それ以外は、普段のキャンプの持ち物。今回は、テーブル、チェア、焚火台、料理器具、ランタン、食材などを準備しましたが、もし装備を持っていなくても、キャンプ用品のレンタルもあります。

さあ出発!借りるときの注意点

自家用車は貸出場所で預かってもらえて楽ちん。

自家用車にキャンプ道具を乗せ、自宅を出発。
ジョナサンが目の前の駐車場にキャンピングカーが止まっていました。
かわいいイラストの車体に子供たちのテンションはアゲアゲ↑↑↑
貸出場所まで乗ってきた自家用車は、そのまま返却時まで預かってもらえることに!
キャンピングカーに荷物を移した後、車を自宅へ戻さなくてはと思っていたのでとっても助かりました。

可愛いイラストのキャンピングカーに子供たちのテンションも急上昇!

 

キャンピングカーの収納は縦長

車のトランクは横にひろいので、ギアを収納するケースなど幅があるものが多かったのですが、キャンピングカーの収納は縦長で、ロッカーのような感じです。
縦に積んでいく形になるので、あまりに幅の広い収納ケースなど立てないと入りません。

外側から撮影した収納

説明はよく聞いて

キャンピングカーの設備や、車内のレイアウト変更の仕方、運転する際の注意などスタッフの方が丁寧に説明してくれます。初めてのキャンピングカーに興味津々の我々は、聞いているようで集中しておらず、夜になってシートをフラットにするときにやり方がよくわからずかなり苦戦しました。運転時の注意など重要なレクチャーですので、真剣に聞きましょう。

時間は余裕をもって

貸出時の説明や、保険の手続き、荷物の乗せ換えなど30分~40分はかかりました。
到着時間など制限がある場合は、貸出時間を早めに設定するのがおすすめです。

初めての運転!これを気を付ければ安心

バックミラーはなし、でもバックモニターがある。

トラックと同じで、バックミラーで後ろを確認することができないのが、最初は慣れず難しく感じました。駐車の際はバックモニターがあるので、特に問題はないです。
15-40分ほど下道を走れば、運転にも慣れました。

山道はスピードが。。。

やはり車体が重いので、山道になると、30-40Kぐらいしかスピードがでません。1本道では、渋滞を巻き起こすこともwwでも焦っても仕方ないので、平常心で安全運転。

車高には十分注意!

今回借りたアスリートは車高290cm。運転に慣れてくると車高の高さを忘れてしまいそうになりますが、トンネルや高さ制限の表示などには十分注意が必要です。
終始googlemapのナビ頼りでしたが、ルートの途中で高さ制限で通れない道があり、Uターンしてかなり時間をロスしたことがありました。特に帰り道、返却時間まで時間がないと焦るので余裕を持ったスケジューリングをしたほうが良いですね。
あとはETC車載機があるので、ETCカードをお忘れなく!

キャンピングカーのここが良かった!

目的地までの道中がレジャーに!

車酔いが原因で車での移動が苦手な浅井家の子供たち。奇跡的に今回は大丈夫でした!
正直車体は揺れるし、酔いにくい環境ではないのですが、「車内が楽しい!」のが一番良かったみたいです。

向かい合わせの座席で、お友達とクイズやゲーム、歌ったりしているうちにキャンプ場に着いていました。
途中雲行きが怪しくなれば、前の助手席にこども2人は並んで座れるので、いつもの車より高い車高からの眺めを楽しんで酔わずに済みました。

車内はまさに動くリビング!

テント設営がないって本当に楽!

1泊2日のキャンプの場合、テント&タープ設営だけで大仕事。
なんだかテント設営して撤収するためにキャンプに来たんじゃないだろうかと思うこともしばしばです。
テント設営がないと、ゆっくり時間を過ごすことができます。子供の相手もちゃんとできるので、ガミガミ怒らなくてもよいのも◎

寝心地サイコー!

運転席のロフト部分で、子供二人とママ、フラットにした後部座席でパパが一人で寝ました。
テント泊の堅い地面でなく、ふかふかのマットレス、寒くも暑くもない快適な室温。
言うことなしです!
普段キャンプで寝不足でしたが、初めて熟睡した気がします。
もうテントで寝たくないよ~が朝一の感想です。

ロフト部分。子供が4人寝れそうでした。

ペットも一緒に

アスリートはペットの同乗OKです!
キャンプだけじゃなく、帰省時などかわいいペットを置いておけないファミリーはキャンピングカーおすすめです!

カニンヘンダックスのクララ

やっぱりフォトジェニック!

アスリートはイラストがかわいいキャンピングカーで、背景に入れるとどんなショットもインスタ映えに。
キャンプシーズンは、キャンプのポストが多いですが周りに差がつけられますよね。

まさにインスタ映え写真がいっぱい撮れます。

 

お疲れさまでした。返す時の注意点

到着時間の連絡とガソリンのこと

ガゾリンは通常のレンタカーと同じく満タン返しです。
慣れないキャンピングカーの給油なので、セルフでないほうが楽かもしれません。
焦らなくてもよいように時間には余裕を持ちましょう。

私たちは渋滞のせいで予定より到着時間が遅くなったのですが、遅れることが分かった時点でスタッフの方に連絡したほうが良いです。
40分ほどでしたが、問題なく対応していただけました。

忘れ物チェックは入念に。

到着後、置いておいた自家用車に荷物を積みかえて返却となるのですが、疲れているしチェックも雑になり、忘れ物してしまいがちです。
我が家も息子のおねしょパンツというかなり恥ずかしい忘れ物をし、ご迷惑をかけました。
シートのレイアウトを変更する際にシートの下に物が落ちてしまったり、引き出しや棚に一時的に置いたものを出し忘れるなんてことありそうです。

まとめ

「正直もうテントのキャンプに戻れないかもしれない。」

1泊2日ではもったいないほど、キャンピングカーのキャンプは大満足でした。
一番感じたのはキャンピングカーはキャンプ初心者に最適ということ。]

面倒な設営もなく、快適な気温で眠れるのに、キャンプのいいところはすべて味わえる。
おまけにインスタ映えの写真も撮れるので、ちょっと自慢できちゃいますよね。

FFヒーターとリアクーラーさえあれば、真冬も真夏もキャンプシーズンです!
次回は夏の伊豆にアミティーで行く計画中です!

Takishima

Takishima

湘南・茅ヶ崎を拠点としたキャンピングカーレンタル"NATIVE CARAVAN"を立ち上げました。神奈川県茅ヶ崎市に住んでいます。気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください!